google-site-verification: google4aec360d46b9fb78.html
FC2ブログ


また描いちゃいました6号館
美男・美女のニュース拾い読み
>> ホーム
>> RSS1.0
マースケちゃんねる

【お知らせ】

当サイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。

マースケ

マースケ

Author:マースケ
いらっしゃいませ、こんにちは♪

このブログは、美男・美女のニュースや
AKB48グループの話題を紹介しています。


FC2ブログランキング


■免責事項
サイトに掲載されている画像の著作権は各権利所有者に帰属しております。
著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。
著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除致します。
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません

スポンサードリンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SKE48

NMB48

スポンサードリンク

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
芸能
28位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

また描いちゃいました6号館

QR

握手会、このままでは中止も
kitahara.jpg

2011年12月31日14時00分
提供:週刊実話

今年の「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場。紅白の宣伝サイトにも登場するなど、人気が衰えることを知らない『AKB48』に深刻な問題が発覚した。

 一部メンバーがAKBの売り物である“握手会”でセクハラがあったことをバラエティー番組『ノブナガ』(日本テレビ)で告白。物議を醸し出している。
 「番組にはAKB48では控え組系の北原里英(20、総選挙13位)と小森美果(17、同32位)が出演。握手会で『デブだから人気がない』とか『エッチさせろ』とファンからのセクハラ話を明かした。ヤラセ話かどうかはともかく、有り得ない話ではない」(投稿雑誌編集者・藤井直樹氏)

 AKBがここまで人気を呼んだのが、親近感だ。とりわけ、彼女たちに直接会って握手できるのは大きな売り物の一つ。
 「CDを買うと一枚握手券が入っている。握手券が欲しくてファンは複数枚買う。非常にうまく計算された販売方式ですが、ファン心理に付け込んだ商法ともいえる」(音楽ライター)

 新しいCDが発売されると、その直後にネットオークションなどでは、CDがタダ同然で投げ売りされている。つまり握手券さえあれば、CDなどいらないから売るというわけだ。
 「一人で10枚、20枚買うファンがいるのですから、同じCDを持っていてもしょうがない。売るのは当然でしょう。テレビでも取り上げていましたが、なかには握手券欲しさに数千万円を使ったファンもいたほど」(前出・同)

 なんにしてもAKBのCDはよく売れる。音楽チャート誌では発売即1位というのが定着化している。
 「純真なファンはいるにせよ、一部ファンは大金を払っているんだから握手会でエロ言葉の一つも言いたくなる。『ヤラせろ』『顔射だ』なんてのはよくある話だし、なかには握手したまま体を引っ張ったり“乳揉み”したり…。AKB商法の弊害も確実に出ている」(アイドル評論家)

 AKBを使う側はCDが売れて潤う一方だが、現場で被害に遭うメンバーはたまったものではない。
 「もともと秋葉原の小さな劇場で本当のファンを相手に歌っていたのに、いまや握手すら商売道具にされている。人気上位組のなかには握手会で、下半身を触られた者もいる。今後、握手会はなくなる可能性もある」(AKB関係者)

 坂道を転げ落ちる。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/31(土) 18:45 ]

マーク・パンサー本格始動
pannsa-.jpg

2011年12月31日 06時05分

globeのラッパーとして15年以上活動を続けてきたマーク・パンサーが、日本でのDJ活動を本格的にスタートさせる。

現在はフランスを拠点にDJ活動を行っており、12月24日には中国・上海NODE LOUNGEでのクリスマスパーティでもDJを務めたマーク・パンサー。これまでも来日の際には六本木FERIAにレジデントDJとして出演していたが、これからは国内でのDJ活動を本格的に活発化させていく。

彼は12月28日に東京・西麻布alifeで行われた「alife Year-end Party #1141」に出演しており、今後も1月25日に同会場で行われるパーティ「BIG WEDNESDAY」や、名古屋・栄で新たにオープンするクラブ・AMATERAS LOUNGEの1月27日に開催されるオープニングパーティなどに出演。DJ活動ではglobeでの彼とは違う、新たな魅力を感じさせてくれそうだ。

http://www.djmarcpanther.com/
エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/31(土) 12:56 ]

岡村さん、ずっちーとチュー、まだしてない
okacyu-.jpg

デイリースポーツ 12月31日(土)7時28分配信

 ナインティナインの岡村隆史(41)が30日未明、ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」に生出演し、真剣交際を開始した、エステ店経営の飯野千寿さん(32)への愛を語った。

 テレビ東京系「『ちょこっとイイコト』岡村ほんこん しあわせプロジェクト」(金曜、後7・57)のお見合い企画をきっかけに熱愛に結びついた飯野さんについて「ええ人やで。好きやで」と明言。相方の矢部浩之(40)から『岡村 結婚前提交際宣言』と報じた24日付のデイリースポーツを紹介された際には「オレ、結婚したいもん。付き合ってるって、言っちゃっていいよ」と率直に打ち明けた。

 現在まで4度重ねたデートには番組カメラが密着しており、「どっかでテレビを切り離したいと思ってる」と本気度をアピール。また、ゲストの出川哲朗(47)から「チューしたのか!?」と下世話に突っ込まれると、「してない」と即答した。

 「普通に同せいしてみたいな。(彼女の)いろんなとこを見ときたいから。子どもも欲しいし」。6月からスタートした“公開婚活”は、予想外にスムーズに進行している。TBS・青木裕子アナウンサー(28)と交際中の矢部を、岡村がゴールイン手前で逆転する可能性もありそうだ。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/31(土) 09:04 ]

大賞は「フライングゲット」
AKBtaisyou.jpg

2011年12月30日21時45分
提供:オリコン

年末恒例の音楽賞『第53回日本レコード大賞』の最終選考会が30日、東京・初台の新国立劇場中劇場で開催され、人気アイドルグループ・AKB48 が「フライングゲット」で初の大賞を獲得した。昨年は大賞を逃したことで、放送後の廊下で号泣したというメンバーだったが、今年は昨年のリベンジを果たし、文句無しの受賞。改めて“AKBイヤー”であったことを実証した。大賞が決まった瞬間、メンバー全員歓喜の涙。前田敦子は「応援して下さった全ての方に感謝したいです」と声を震わせた。またプロデューサーの秋元康氏もステージに上がり、目に涙を浮かべながら「夢は叶うんだということを彼女たちが証明してくれた。とても嬉しいです。おめでとう」とねぎらいの言葉をかけた。
受賞曲となった「フライングゲット」は、2011年間シングル売上げでも堂々の1位を獲得。さらに2位「Everyday、カチューシャ」、3位「風は吹いている」、4位「上からマリコ」、5位「桜の木になろう」と、TOP5を独占するという快挙を成し遂げ話題を呼んだ。

 パフォーマンス前に大島優子は「私たちはただただ走ってきただけなので、関わってくださった皆さんに本当に感謝したい」とコメント。また、今年1年を振り返って高橋みなみは「本当にあっという間の1年でした。改めてこの職業の素晴らしさを感じました。この喜びを秋元康先生に捧げたいです」と感慨深げに語った。この日のためだけに用意したという白と黒のチェック柄の衣装で元気一杯に「フライングゲット」を披露し会場を沸かせた。

 放送終了後にはメンバー同士が肩を抱き合いながら号泣。前田敦子はもらった楯で号泣する顔を隠しながら崩れ落ちた。司会の堺正章からコメントを求められた高橋みなみは「いろんなことやらせていただいていますが、私たちの力はほかのアーティストの方々に比べたらまだまだ劣っている。自分たちのできることは精一杯笑顔で、皆さんを元気にすることだと思っているので、これからも続けていきたいです」と決意のコメント。さらにステージに上がった秋元康氏もメンバーと握手を交わすと、「夢は叶うんだということを彼女たちが証明してくれた。とても嬉しいです。おめでとう」と目に涙を浮かべながらコメントした。

 半世紀以上の歴史を持ち音楽界の権威として知られる同賞は、今年もTBS系で『第53回 輝く!日本レコード大賞』として午後6時半より東京・初台の新国立劇場から生中継。司会は堺正章が16年連続、藤原紀香が3年連続で担当し、同局アナウンサーの安住紳一郎、加藤シルビア、枡田絵理奈も出演した。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/30(金) 23:17 ]

デカピンク離婚
でかぴんく

サンケイスポーツ 12月30日(金)5時50分配信

女優、菊地美香(28)が29日、自身のブログで、2009年12月に結婚した俳優、岸祐二(41)と離婚したことを明かした。

 菊地は「私事ですが、この度離婚致しましたことを報告させて頂きます。たくさんの方にお祝い、応援して頂いたお気持ちを考えると本当にただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです」と報告。岸は「激走戦隊カーレンジャー」(1996年)、菊地は「特捜戦隊デカレンジャー」(2004年)と、ともに戦隊ものに出演。「戦隊婚」として話題になった。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/30(金) 08:28 ]

姉妹グループ含め総勢210人で紅白
2011AKB紅白

2011年12月30日06時02分
提供:スポニチアネックス

◇「第62回NHK紅白歌合戦」リハーサル (2011年12月29日)

 大みそかの「第62回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)のリハーサルが29日、東京都渋谷区のNHKで始まった。今年の顔である「AKB48」は姉妹グループ5組とステージに立つことが決定。関連グループ全6組の共演が初めて実現した。また、初出場の韓国女性グループ「KARA」と「少女時代」が大みそかまで日韓を計4回行き来する超ハードスケジュールになることが分かった。

 AKB、SKE、NMB、HKT、JKT、SDNから成る「AKB48プロジェクト」の全6グループが初めて一緒に歌うことが決定。出演時刻の午後7時半に「全員集合!」だ。

 昨年の130人から一気に80人が増加。高橋みなみ(20)は「パワフルさをステージで生かしたい」とアピール。一方で「人数の確認が大変ですよ」とスタッフは大忙しだ。歌唱以外にも、楽屋リポートや演歌勢のバックでの盛り上げ役など出番はたっぷり。「紅白応援隊」として当日の事前番組出演もあり、まさに大車輪の活躍となりそうだ。

 この日のリハーサルにはSDNを除く5組が参加。3曲メドレーの1曲目「風は吹いている」を18人で歌い始めると、曲の途中や曲替わりに次々とメンバーが登場。最前列で歌う大島優子(23)は「後ろを振り返ると人だらけ」と笑った。歌唱の最後につくる恒例の人文字の言葉は「がんばろう日本!」に決定。リハで時間をかけて動きを確認したが、大島は「いまだ(完成が)見えてこない。全然ダメ」と不満そう。高橋も「年々文字数が増えて難しい」と漏らした。

 NHK放送センターで最も大きい「101スタジオ」を楽屋代わりに使用。関係者は「スタッフだけで約300人いる。食事はケータリングで数百人分用意しました。そこらじゅうで携帯電話が鳴っていて、お祭りみたいです」と明かした。

 来年は台北で新グループ「TPE48」が誕生予定で、出場人数がさらに増える可能性が高い。前田敦子(20)は「来年は300人を超えるんじゃないかな」と予測し、大島は「みんなが入るようにNHKさんにステージを作っていただかないと」と早くも注文。そのためにも、210人での人文字をしっかり成功させたいところだ。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/30(金) 08:13 ]

篠田麻里子さん「印税は入ってこない」
marikoinnzei.jpg

2011年12月29日21時00分
提供:Techinsight Japan

アイドルグループAKB48の24枚目のシングル曲『上からマリコ』でセンターを務める篠田麻里子が、テレビ番組で「印税は入ってこない」ことを明かした。彼女はさらにミリオンセラーとなった同曲の売り上げの行き先にも触れたのだ。

AKB48が2011年に見せた活躍は目を見張るものがあった。「桜の木になろう」、「Everyday、カチューシャ」、「フライングゲット」 、「風は吹いている」、「上からマリコ」とシングルCDが連続ミリオンセラーを達成する一方で、バラエティ番組にもメンバーが登場してAKBをテレビで目にしない日が無いほどだ。

12月28日に放送された『はねるのトびら“今年の顔大集合3時間スペシャル!”』には、そのAKBから篠田麻里子が“ほぼ100円ショップ”で100円商品と高額商品の目利きに挑戦した。

Tシャツや筆、ストールなど5品を篠田麻里子に見せながら、レギュラーの梶原雄太(キングコング)が「持ってるでしょう? お金」とズバリ確認すると、篠田は「AKBの方にいっちゃうんで…」とそれほど収入は無いことを明かしたのだ。

篠田麻里子は選抜メンバーなのでミリオンヒットした曲にはすべて関わっており、「上からマリコ」ではセンターだったのである。それを見越して梶原がさらに「歌唱印税とか入ってくるでしょう?」と追及すると、「入ってこないですよ」と篠田からは意外な答えが返ってきた。印税を含めた利益は、作詞をする秋元康や作曲者とAKB関連事務所へ入ることになるようだ。

以前、同番組でやはり“ほぼ100円ショップ”にAKBメンバーがチャレンジした際に、高橋みなみが「意外ともらってないんですよ」と全財産を聞かれて「4~5万です」と答えたこともある。タレントや歌手も給料制だと、人気が出てもすぐに報酬アップにはつながらない事情は耳にするが、AKBもそういう状況と思われる。

この日、篠田麻里子は1品目で高額商品の『カシミヤとシルクで織られたストール』を選び8万円を支払うことになったが、2品目では100円の商品を当ててなんとか最悪の事態は逃れた。彼女はモデルの仕事もこなすのでAKB以外でも収入もあり、この金額は許容範囲だろう。別日に挑戦したSMAPの香取慎吾が、3品立て続けに高額商品を選んだショックに比べると彼女も楽しめたのではないか。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/29(木) 23:00 ]

エリカ様、放送禁止用語連発
erikarenpatu.jpg

2011年12月29日17時00分
提供:ゲンダイネット

離婚問題は今年も越年だが、来年は女優として強烈な存在感を示すことになりそうだ。携帯専用局「BeeTV」でドラマ復帰する沢尻エリカ(25)が、来年7月公開の映画「ヘルタースケルター」に主演する。監督は写真家の蜷川実花で配給はアスミック・エースと松竹。約4年ぶりに全国公開される主演映画だけに、大反響を呼ぶのは確実。

 もっとも、それ以上に注目されるのが沢尻の演技だ。「ヘルター」は岡崎京子原作の漫画。デブ専風俗で働く風俗嬢が、耳とアソコ以外のすべての部分を整形手術して、蛯原友里や佐々木希みたいな美人モデル“りりこ”に生まれ変わって大活躍するというストーリーだ。りりこは手術の後遺症と芸能界のストレスで心身を蝕まれていく――。その過程でどんどん変態プレーに染まっていくのだ。

「ストレスがたまったりりこは女性マネジャーの“羽田ちゃん”に自分の性器を舐めることを強要します。最初は抵抗しようとする羽田ちゃんですが、次第に快感に目覚めてしまい、りりこにバイブを突っ込まれるM女に調教されてしまいます。沢尻が『レズ』と『S』の両要素をどう演じるかワクワクします」(映画関係者)

 ほかにも原作にはりりこがプロデューサーと枕営業するシーン、楽屋で金持ちのボンボンと快楽にふけってキスマークをつけられるシーンなど、生々しい描写がワンサカ出てくる。放送禁止用語も連発だ。

「最大の見せ場はりりこが羽田ちゃんの彼氏を誘惑して“3P”を始める場面です。共演者には大森南朋などの名前が挙がっています。M女の羽田ちゃんを誰が演じるのかも興味深い。臼田あさ美あたりがハマリ役かもしれません」(前出の映画関係者)

 沢尻が“演技派”の肩書を取り戻せるかはこの映画にかかっているといえそうだ。

(日刊ゲンダイ2011年12月28日掲載)

.
エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/29(木) 21:05 ]

次の寿退社は誰?
画像あなMIYAZAKI

2011年12月29日17時00分
提供:ゲンダイネット

日本テレビの宮崎宣子アナ(32)がクリスマスイブにレコード会社勤務の男性と入籍。来年3月いっぱいで同局を退社することが明らかになった。

 最近の日テレは「ズームイン!」で朝の顔だった西尾由佳理など、人気アナの退職が相次いでいるだけに、早くも「次は誰だ?」ともっぱら。その最右翼といわれるのが入社6年目の葉山エレーヌ(29)だ。フリーになれば引く手あまただから、宮崎の“寿退社”にさぞ刺激を受けているのでは……。

 しかし、「葉山はそれどころじゃありません」というのは日テレ関係者だ。

「葉山は今夏にフライデーされた男性と破局後は、カーレーサーと交際していましたが、その男性とも破局。現在は日テレの同僚と社内恋愛中です。実はこの男性は、女優の仁科亜季子の再婚相手の子息だそうです」

 男に夢中で退社どころじゃないか。

(日刊ゲンダイ2011年12月28日掲載)

.
エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/29(木) 20:53 ]

世界が認める美女の一人、佐々木希
nozomi-ru.jpg

2011年12月29日17時00分
提供:ゲンダイネット

世界が認める美女だ。

米国の映画専門サイト「TC Candler」が発表した「世界で最も美しい顔100人」に佐々木希(23)がランクインした。昨年の33位から今年は71位と後退したものの、日本人では最高位。ほかに蛯原友里(32)もランク入りしたが、こちらは92位だった。ちなみに上戸彩とモーニング娘。の高橋愛も選考対象に上りながら、100位には手が届かなかった。1位はハリー・ポッターシリーズのヒロイン、エマ・ワトソンだった。

 佐々木は秋田県出身で、身長168センチ。映画やドラマのほか、ロッテ、花王などのCMでも有名で、若者からオジサン世代までが「キレイな子」と認める美人である。

 何がどう美しいのか。若者のトレンドに詳しい作家の三浦天紗子氏が言う。

「世の中には“美しさの黄金比率”というものがあります。まず顔をおでこからアゴまで3等分して上の線に目が、下の線に口がくること。さらに顔の横幅を4等分して鼻の左右に引かれたライン上に目の中心がある配置です。洋の東西を問わず、これが人に“美しい”と思われるバランスで、佐々木さんの顔は黄金比率にぴったり合致しています」

 目の下が膨らんでいる涙堂は女の色気を演出する要素。佐々木の涙堂は大きすぎず小さすぎず、品のあるサイズだ。現代女性の美の絶対条件である肌の白さを持ち、ときおり見せる悪魔チックな表情も魅力だという。

「イングリッド・バーグマンが知的美人なら、マリリン・モンローは人形的な美人。顔のパーツが整っている佐々木さんはモンロータイプです。目尻が少し下がった垂れ目型なので、モンローみたいな人懐こさを感じさせます」(三浦天紗子氏)

 ヌード写真集を出して欲しいものだ。

(日刊ゲンダイ2011年12月28日掲載)

.
エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/29(木) 20:37 ]

サービスの良い3人
yuukosa-bisu.jpg

2011年12月29日18時30分
提供:メンズサイゾー

2011年も説明不要の大躍進でエンターテイメント界を引っ張ったAKB48だが、現在発売中の「週刊大衆」(双葉社)に「大島優子、柏木由紀、小嶋陽菜『オヤジ人気トップ3』ボッキン決戦」という記事があるように、2012年は"エロ女王"争いがさらに過熱しそうだ。

 記事には、エロを分かっていて明るくHな大島は男にとって職場にいてほしい理想のOL、清純派で古風な雰囲気とは裏腹に"小玉スイカ"のような巨乳で夢を見させてくれるタイプが柏木で、"こじはる"こと小嶋はすでに大人の体で、クラスにいた一人だけ成長の早い女の子を彷彿とさせるとしている。"エロボディ"と"サービス精神"の持ち主という3人の共通点を、それぞれの個性でより魅力的なものにしているのだという。

「こじはるは『TSUBAKI』のCMで一躍注目されました。23歳にして、AKB48では数少ない"お姉さんエロス"を出せるキャラ。正統派美女として、これからさらに綺麗になっていくタイプです。でも、雰囲気は柔和でクールな感じはまったくないので、親近感も湧く。お父さん人気は随一ですね」(芸能ライター)

 彼女は自分の胸を"ぽちゃ胸"と呼んでいるように、体全体のムチムチした肉付きの良さには定評がある。曜日レギュラーである『PON!』(日本テレビ系)では、まるで何も履いてないかのようなミニスカで出演して美脚を見せつけたり、『有吉AKB共和国』(TBS系)ではセクシーに「ちんちん電車」とささやくなど、妄想をかきたてる術は抜群。エロ路線をまっしぐらだ。

 一方、総選挙でも前年の8位から3位に大躍進した柏木の魅力はギャップだ。将来の夢は「一生アイドル」と"生涯アイドル宣言"をしている彼女はまだ20歳。これから成長していくにつれ、その体は"グラビアアイドル化"していく可能性が高い。特に賞賛されるのはウエストの細さ。透明感のあるルックスとおとなしい雰囲気には似つかわしくない巨乳とスタイルの良さは、彼女最大の武器であり、熱狂的なファンを生むことにつながった。

「清純派の"ゆきりん"のファンは若者が多いようです。デビュー前から、鹿児島では有名なハロヲタとして注目されていた彼女は、ファンに対する接し方に定評があり、握手会などの"現場人気"は最強との声もあります。自身がアイドルオタだったということで、"ファンのことを大事にしている感"がほかのメンバーよりも強く出るのかもしれません。『ひるおび!』(TBS系)での最年少のお天気お姉さんとして一般的な注目度も急上昇し、『AKBINGO!』(日本テレビ系)の私服コレクションでは「ちょいモテ」の評価を受けるなど、ファッションリーダーの要素もある。セクシー度はこれから上がっていくでしょう」(同)。

 "握手会の女王"ゆきりんが、その清純ぶりとは裏腹に日々女性らしく成長していく肉体を駆使して(ふっきって)、"エロ女王"へと一気に駆け上がるか。

 この2人を受けて立つのが、「私と赤ちゃんつくらない?」とささやきかけるCMで世間の度肝を抜いた大島だ。152cmという低身長がEカップともFカップともいわれる爆乳を引き立たせ、ネット上でも「大島優子の体つき最高すぎるwww」などと、エロ系の話題提供度においては、現状AKBグループ内でも一番の存在だ。

「子役出身で、芸歴がグループ内でも断トツに長い彼女は、自分の立ち位置を客観的に見ることができています。楽屋で全裸になるなど、一見自分の体には無頓着ですが、"肉体込みの商品としての自分"を自覚しているのではないでしょうか。自分の巨乳もどうすればエロく見えるかを考えた上で、『使えるものは使う』『見たいなら見ればいい』というサバサバしたスタンスに見えます。もちろんAKB48の先のビジョンも見据えているでしょうし、今後もそのボディを出し惜しみすることはないでしょうね」(同)

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/29(木) 20:24 ]

ともちんから広まった八重歯ガール
tomochinnyaeba.jpg

2011年12月28日10時00分
提供:Techinsight Japan

八重歯の女子がブームとなることを予測した前川ヤスタカ氏が、ラジオ番組で今年の“八重歯ブーム”を振り返った。彼によると、もっとも影響力があったのはAKB48の板野友美ということだ。

前川ヤスタカ氏は、ブログ『八重ガ~八重歯ガールの全て~』を運営する八重歯ガールの研究者である。「単なる八重歯好きの範疇をはるかに越えて、日本独特の八重歯文化を守るべく日夜東奔西走中」とプロフィールにあるように、その情報収集量は日本でもトップクラスであり、12月には著書『八重歯ガール』も発売している。

12月27日に放送されたラジオ『クロノス』の“SUZUKI BREAKFAST NEWS”ではその前川ヤスタカ氏にインタビューを行った。

前川氏は2011年を振り返り「“八重歯がカワイイ”と女子の間でもブームになってきた」と語る。

彼はその状況に最も影響を与えたのはAKB48の板野友美だと分析しているのだ。「板野友美は片八重歯なので私の好みである“両八重歯”ではないが」と少し不本意そうにしながらも、「『板野さんのような八重歯になりたい』と願望を持つ女子が増えている」という。

前川氏は他にも“両八重歯”ガールとして、杉崎美香アナや女子プロゴルファー有村智恵選手を高く評価しているが、今年の最新情報としてつんく♂がプロデュースする秋葉原のアイドルカフェ“バックステ←→ジpass”の山口桃子も人気が上昇していると明かした。

彼は、有村智恵選手が「最近、八重歯を矯正したらしい」とも触れており残念そうだったが、実は彼がブログで八重歯を評価するタレントのイモトアヤコも先日、レギュラー番組『世界の果てまでイッテQ!』の中で真っ直ぐに治療した白く輝く歯を披露している。『八重歯ガールがカワイイ』という認識はまだまだ業界では浸透しきれていないようだ。

前川ヤスタカ氏の八重歯ガールの研究内容は、ブログ『八重ガ~八重歯ガールの全て~』で見ることが出来る。興味のある方は訪問してみると新たな発見もありそうだ。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/28(水) 21:30 ]

AKB大躍進の1年
AKByakusinn.jpg

まんたんウェブ 12月28日(水)11時30分配信

人気アイドルグループ「AKB48」の11年はまさに大躍進の年だった。前田敦子さんが、大島優子さんから首位を奪還した6月の「第3回選抜総選挙」は前年以上の盛り上がりを見せ、篠田麻里子さんがセンターの座を初めて勝ち取った「第2回じゃんけん大会」もしかり。派生ユニットの活躍やソロデビューなど個々のメンバーも活動の幅を広げ、姉妹ユニットは名古屋の「SKE48」、大阪・難波の「NMB48」に加え、新たに福岡・博多を拠点とする「HKT48」が誕生。さらにインドネシア・ジャカルタのJKT48、台湾の「TPE48」と海外展開にまで発展した。連日ニュースをにぎわせるなど華々しい活躍を見せた「AKB48」の11年を振り返る。(毎日新聞デジタル)
6月の選抜総選挙では、昨年は大島さんにセンターをとられ、2位に甘んじた前田さんが、見事首位に返り咲いたほか、柏木由紀さんが前回8位から3位に食い込み、「神7(セブン)」と呼ばれるトップ7の一角を切りくずしたことでも注目された。9月には、昨年に引き続き2回目のじゃんけん大会が開催され、優勝した篠田さんが初めてのセンターポジションを獲得。いずれのイベントも、AKB48の大型イベントとして定着しつつあり、各メディアによって大きく報じられた。

 今年は、姉妹グループ展開でもダイナミックな動きを見せた。名古屋・栄を中心に活動する「SKE48」に続く、「AKB48」の全国進出第2弾として、10年10月から活動していた、大阪・難波を拠点とする「NMB48」が今年1月に劇場公演をスタート。10月には博多を拠点に活動する「HKT48」も初お披露目され、11月には劇場公演を開始している。さらに、9月にはインドネシア・ジャカルタを拠点とする「JKT48」(12月に活動開始)、10月には海外第2弾となる台北が拠点の「TPE48」の発足も発表され、AKB48プロジェクトの本格的な世界進出が注目を集めた。

 そんな中で本家「AKB48」のCDセールスは絶好調。2月に発売した「桜の木になろう」から、「Everyday、カチューシャ」「フライングゲット」「風は吹いている」「上からマリコ」までシングル5作すべてが100万枚を突破、12月に発表された「オリコン年間ランキング」では、年間シングルトップ5を独占するなど売り上げ的には他の追随を許さない。また、1月には板野友美さんが、6月には前田さんがソロデビューを果たしたほか、12月には、岩佐美咲さんがグループ初の演歌歌手として、“まゆゆ”こと渡辺麻友さんも12年2月にソロデビューすることが発表された。派生ユニットの方も、1月には大島さんら4人からなる「Not yet」、2月には秋元才加さんらの「DiVA」の結成が発表され、AKB48や姉妹グループ、ソロや派生ユニットなど、さまざまな形で音楽チャートをにぎわせた。

 映像面では、1月にAKB48初のドキュンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開された。その後もAKB48メンバーが総出演する連続ドラマ「桜からの手紙~AKB48 それぞれの卒業物語~」(日本テレビ系、2月~)や「マジすか学園2」(テレビ東京系、4月~)などが放送され、バラエティー番組「なるほど!ハイスクール」(日本テレビ系)でレギュラーでのゴールデン進出も果たすなど大活躍。フジテレビのお昼の人気番組「笑っていいとも!」に秋元才加さんや“さしこ”こと指原莉乃さんがレギュラー出演を決めるなど、トップの前田さんや大島さんをはじめ、メンバーのドラマや映画などへの出演が続き、グループとしての露出が増すだけでなく、個々のメンバーも活躍の場を広げた。

 一方で、多忙から体調不良でダウンするメンバーも続出、握手会の欠席などがニュースとして報じられることも多かった。また、姉妹ユニットから謹慎処分を受けるメンバーが出たり、AKB48の“姉貴分”的存在だったSDN48のメンバー全員が12年3月31日のコンサートをもって卒業することが発表されたりと、ファンにとっては残念なニュースもあった。

 また、未曽有の被害をもたらした東日本大震災を受けて、AKB48もいち早く動いた。姉妹ユニットを含む「AKB48プロジェクト」として義援金の受付口座を開設、メンバーがスタッフや秋元康事務所などと共同で義援金5億円の寄付を発表。その後も、募金活動などを継続し、10月には復興応援ソング「風が吹いている」も発売した。これまでに少人数で何度も被災地を訪れて、ミニライブや握手会を行うなど積極的に支援活動をしている。

 12月には本家「NHK紅白歌合戦」に先がけて、AKB48と姉妹グループで開催した「AKB48 紅白対抗歌合戦」を初開催、AKB48を題材にした初のアニメの主演声優9人を決める「声優公開オーディション」など新たな試みも次々と実施した。今年も残りわずかだが、3年連続4回目の出場となる大みそかの「NHK紅白歌合戦」ではどんなパフォーマンスを見せるのか、30日の日本レコード大賞は大賞受賞はなるのかなど、最後の最後まで話題ずくめのAKB48。今後、どんな新たな展開、サプライズを見せてくれるのか、来年もAKB48から目が離せそうにない。



エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/28(水) 21:13 ]

【おめでとうございます】優子りん、第1子妊娠
yuukorinn.jpg

スポニチアネックス 12月28日(水)12時19分配信

タレントの小倉優子(28)が28日付の自身のブログで、第1子を妊娠していることを発表した。「ご報告」と題し「新しい命を授かりました」と報告。現在妊娠5カ月で「体調も良く、来年の六月には赤ちゃんに会えそうなので、本当に楽しみです!!」と喜びいっぱいの様子。さらに「来年は家族三人で、今まで以上に楽しく笑顔が溢れる年にしたいです」とつづっている。

 小倉は10月にヘアメークアーティストの菊地勲氏(40)と結婚。米ハワイ州オアフ島のセント・カタリナ教会で挙式した際、子供については「2人以上ほしい。女の子がいい」と話していた。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/28(水) 21:02 ]

マリコ様、吹き替えに挑戦か?
marukofukiake.jpg

2011年12月28日17時34分
提供:J-CASTニュース

ハリウッド大作映画の日本語版吹き替えにAKB48の篠田麻里子さん(25)が抜擢されたのではないかという話が出ている。本当ならファンにとって嬉しい限りだが、篠田さんは滑舌が悪いことで知られ、心配する声も出ている。

2012年2月に公開されるジャスティン・ティンバーレイクさん主演のサスペンス映画「TIME/タイム」特設サイトで、2011年12月27日から「この美女は誰?『日本で最も輝く25歳』を当てろ!キャンペーン」というプロモーションが行われている。

「強く握ったコブシで念願のNo.1の座を獲得」したのは誰
日本語吹き替え版の声優に起用される「人気女性タレント」が誰か予想してツイッターで応募すると、正解者の中から抽選で100人がイベントに招待される、という企画だ。

ヒントとして「国民的人気を誇る女性」「現在25歳」「強く握ったコブシで念願のNo.1の座を獲得」の3点が挙げられ、ネットでは「国民的アイドル」AKB48の篠田さんだとみられている。

「コブシ」というのは9月に行われたじゃんけん大会で、決勝でグーを出して優勝したことと見られる。キャンペーンポスターでは、女性にモザイクがかけられて誰だか分からないようになっているが、輪郭が篠田さんっぽい。ツイッターで応募している人もほとんどが「篠田麻里子」と回答している。

「大丈夫なのか?」「叩かれるのが怖い」
本当ならファンにとっては喜ばしい知らせだが、篠田さんは以前から滑舌が悪いことで知られている。「『すのだまりこ』って言っているように聞こえる」などと言われることもあり、そのため

「あの滑舌で2時間はきつい…」「泉ピン子さんの教室でレッスンを!」
「これ大丈夫なのか?」「アンチにネタを提供してどうする」
「今から既に『声優のせいでおもしろくない』とか叩かれるの怖い」
などと心配する向きも多い。「ゆっくり喋れば大丈夫だと思う」というものもあったが、苦手なことに挑戦するのでヒヤヒヤしているファンが多いようだ。

吹き替え声優の正体は1月中旬に発表される。篠田さんのツイッターアカウントにはファンから「日本語吹き替えの声優の話しは本当?」「いくつもお仕事いただけるなんて、大物になりましたな」といったツイートが寄せられている。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/28(水) 20:54 ]

さしこ、連ドラ初主演
sasikorenndora.jpg

スポニチアネックス 12月27日(火)7時1分配信

AKB48の指原莉乃(19)が連続ドラマに初主演する。日本テレビの深夜ドラマ「ミューズの鏡」(土曜深夜25・55、来年1月14日スタート)。普通の女の子が大女優に成り上がるシンデレラストーリーだ。

 単独で出演したCMの放送が23日から始まり、来月19日には初の写真集を発売と、話題に事欠かないへたれキャラの“さしこ”。だが、ファンを驚かすのはまだまだこれから。ついにドラマ主演が決まった。

 「ミューズ…」は、何の取りえのない女の子の指原が、大物俳優に見いだされて女優の道へ進むことからストーリーが展開。一度聞いたセリフを瞬時に記憶する能力と抜群の演技力を武器に、大女優へと成長していく。大分から上京したへたれの女の子が、AKBの一員としてブレークするという指原自身の人生と、どこか重なる作品だ。

 脚本・演出は「33分探偵」などを手掛けた奇才・福田雄一氏。今年手掛けたテレビ東京の深夜ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」では、ロールプレーイングゲームを題材にした前代未聞の作品を作り上げるなど、一風変わった作風で知られる。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/27(火) 23:44 ]

魔性の女・北川景子さん
masyoukitagawa.jpg

2011年12月27日20時00分
提供:メンズサイゾー

そのパーフェクトな美貌で次々と浮名を流し、いまや"芸能界最強の肉食女王"ともウワサされる北川景子だが、26日発売の「週刊大衆」(双葉社)で、「元カレ2人がバラした 肉食美女優・北川景子『魔性のSEX』」と報じられている。

 記事によれば、元カレとは、いまをときめくイケメン俳優のAと、ワイルドさが人気の俳優B。2人は六本木のクラブで、北川とつきあっていた頃の思い出話をしていたが、酒も進み、次第に話題はセックスのことに。話が盛り上がり、一方が相当激しいプレイをしたことを告白したところ、もう一方が「俺はそんなの、してもらってねーぞ。話つくるなよ!」と、嫉妬交じりで激怒したという。話の内容が周囲に聞こえるほどの激しい口論になったが、その中で"フ◯ラは抜群にうまい"という共通点が見つかったことで収束。再び意気投合したというのだ。

 さらに、記事には早大時代の斎藤佑樹選手と合コンで知り合いゾッコンになったという内容もあり、「魔性のテク」があってこその肉食女優だと報じている。確かに"共演者食い"として知られる北川が、過去にウワサされた男性たちはそうそうたる面々。玉木宏、松本潤、三浦春馬、向井理、山下智久など、まさに"イケメンキラー"と呼ぶにふさわしい恋愛遍歴だ。

 北川は、24日に行われた森田芳光監督の葬儀で人目をはばからずに号泣する姿が各メディアで報じられた。北川にとって森田は、映画デビューとなった『間宮兄弟』で監督を務めた"恩師"である。すっぴんで嗚咽し、泣き腫らした顔の綺麗さにも驚きの声が上がったが、注目すべきはそのまっすぐな感情表現だ。

「モデル出身という経歴とそのクールな雰囲気から、どこか"お高くとまっていて冷たい"という印象を持たれていました。しかし、葬儀での振る舞いからもわかるのは、彼女は本来情熱的な人だということ。あの涙も、普段から人とちゃんと向き合って深く感情移入している証拠です。素顔は真面目で何事にも全力投球するタイプだと思いますよ」(芸能ライター)

 よくありがちな「自己陶酔型」の涙とは一線を画した"本気泣き"に、北川の本質が垣間見えるのではないだろうか。派手さをともなう数々の恋愛模様も、そんな彼女の人間的魅力がなせる業といえるのかもしれない。

「そもそも、過去の男2人に思い出話をさせること自体がすごいこと。共演者との熱愛が騒がれますが、長期間にわたる撮影では空き時間もあるし、打ち合わせなども多くなります。同じ作品に向き合っていれば、性格や考え方も見えてくるので、必然的にその人の人となりがわかってくる。そこで、素顔の彼女に触れたら自然とそういう関係になるのはうなずけます。肉食といっても性に奔放なタイプではなく、すべて真剣な付き合いだと思いますよ。ただ、すぐに相手が変わるところを見ると、熱しやすく冷めやすいのかもしれませんね」(同)

 2011年も映画『パラダイス・キス』やドラマ『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)など、話題作に出演し続けた北川。お嬢様キャラだけと思われがちだが、2007年にはドラマ初主演となった『モップガール』(テレビ朝日系)でコミカルな天然ボケの役を演じている。女優としての真価はこれからで、演技の幅を広げていけば当たり役や大ヒット作にも恵まれるだろう。それにともない、2012年も北川の「魔性っぷり」はさらに勢いを増していくかもしれない。しかし、それはなにより彼女の人間的魅力がなせる業なのだ。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/27(火) 23:20 ]

長澤まさみさん、新恋人と旅行
masamiryoukou.jpg

2011年12月27日12時00分
提供:アサ芸プラス

映画「モテキ」(東宝)で推定Fカップ乳を揉みしだかれ、舞台「クレイジーハニー」では「ペロペロしなさい」など淫語を連発。大人の色香も身につけてきた長澤まさみ(24)に今、新たなロマンスが持ち上がっているのである。
今年の長澤といえば、年初からEXILEのAKIRA(30)と交際していたことが発覚するも、6月頃には破局していたと伝えられている。

 それ以降の彼女は、ハジけっぷりが目立ってきた。前述の「モテキ」や「クレイジーハニー」がまさにそうだが、今回、「新恋人」と噂されるのが、両作品で共演した2回りも上の御仁。イラストレーターや小説家、俳優などなどで活躍する、リリー・フランキー(48)である。

 リリーといえば、過去に加藤紀子(38)や安めぐみ(29)とも親密交際がささやかれた「中年モテ男」だ。

 舞台関係者が明かす。

「共演以来、2人はしょっちゅう飲み歩いていますよ。2人きりということもあるようですし、リリーさんは自分の友人や先輩たちを連れてきては、まさみちゃんを紹介しまくっていると言います」

 単に飲みに行くぐらいなら目くじらを立てる必要もないが、どうにも2人の関係はその程度に見えない。

「まさみちゃんは酔うと、リリーさんばかりか、その友人たちのことまで『ジジイ』呼ばわりすることがある。そんなヤンチャな部分も、リリーさんはかわいくてしょうがないようで、いつもニコニコと見守っているそうです」(前出・舞台関係者)

 さらには、“婚前旅行”にまで出かけたというのだから聞き捨てならない。

 芸能記者が明かす。

「9月11~13日の日程で2泊3日、宮古島に完全なプライベート旅行に出かけているんですよ」

 2人の距離は縮まるばかり。まさか、24歳差をものともせず、このままゴールインなんてこともありうるのか。

 長澤の所属事務所に問い合わせると、担当者はこう答えた。

「確かに9月11~13日に宮古島に行っております。ただし、『クレイジーハニー』を1カ月演じきった同士の慰労会のような形で、演出をしていただいた、本谷有希子さん、本谷さんの友人でもある鈴木杏ちゃんも一緒でした。友人同士の旅行でございます。リリーさんとは親しい友人で、本当にそれ以上はないですね」

 言葉を信じれば一安心だが、長澤が妖艶さを増すたびに気が気ではないのだ。
この続きは全国のコンビニ、書店で発売中の『週刊アサヒ芸能』でお楽しみ下さい。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/27(火) 23:09 ]

宮崎あおいさんと混浴
aoi.jpg

2011年12月26日22時15分
提供:メンズサイゾー

年内で離婚することが分かった女優・宮崎あおい(26)と俳優・高岡蒼佑(29)。夫婦に亀裂が入ったのは、7月に高岡がTwitter上で韓流をゴリ押しするフジテレビを批判したことだった。テレビ局批判という芸能人のタブーを冒した高岡の暴走は、宮崎の立場をも危うくするものであり、世論的には宮崎に同情の声が上がっていた。

 ところが、離婚を決める決定打となったのは、宮崎の不倫だという情報が一部スポーツ紙にスッパ抜かれている。記事によると、宮崎のお相手はV6の岡田准一(31)。

 別居中に妻と連絡すら取れない状態になった高岡は、彼女と仲のいい知人たちに連絡先を聞きまわっていたが、その中で宮崎と岡田の関係を耳にしたという。確認のために岡田を呼び出すと、高岡に追及された岡田は男女の関係を認め、宮崎と交わしたメールが記録された携帯電話を差し出した。二人はメールで親密なやり取りをしており、「また一緒に(温泉に)入ろう」と書かれたメールまであったという。

 ずっと離婚を拒否していた高岡だが、この不倫騒動によって心を決め、離婚届に署名・捺印したようだ。

 清純派でヤンチャな夫に苦労しながらも愛情を注ぐ献身的な妻というイメージが固まっていた宮崎だが、これが事実ならイメージダウンは免れない。二人の関係がTwitter騒動の以前から始まっていたとすれば、むしろ高岡に同情が集まるだろう。

「不倫というだけでも問題がありますが、岡田の元カノは宮崎の親友である蒼井優です。すでに別れているため、問題がないといえばないのですが、親友の元カレと不倫をするというのは、かなり性に奔放なタイプと思われても仕方ない。高岡との交際を14歳からスタートさせ、7年半の一途な恋を実らせた宮崎は、清純派で身持ちが固いという印象でしたが、そのイメージは完全に崩れ去るでしょう」(芸能関係者)

 この不倫騒動は、岡田が高岡にケータイを見せたことから発覚したようだが、どちらかが情報を漏らさなければマスコミに流れることはない。岡田が周囲に情報を漏らすメリットは全くないのだから、可能性があるのは高岡サイドのみ。離婚騒動で一方的に悪者にされていた高岡だが、離婚の決意を固めたことで、反撃を開始したようだ。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/27(火) 07:15 ]

大御所がさしこを語る
sasitamo.jpg

2011年12月24日13時30分
提供:Techinsight Japan

人気アイドルグループAKB48の指原莉乃について、総合プロデューサー秋元康と芸能界の大御所タモリが語った。秋元から「指原は地味だ」などの発言も飛び出したが、タモリはそんな彼女を評価しているようだ。

AKB48を生み出した秋元康が、12月23日放送のテレビ『笑っていいとも!』に出演して司会のタモリと対談した。海外進出第1弾となるジャカルタを拠点とするJKT48が、先日“いいとも”に出演した話題となった際に、同番組水曜レギュラーでもあるAKB指原莉乃の名前が出た。

「JKTが来た時に指原も横にいたけど、なんの反応も無かった」とタモリが首をひねると、秋元康が「指原は地味ですからね!」と本音を語ったのだ。

秋元によると、AKB48のミュージックビデオの撮影でもなぜか監督は指原にカメラを向けないという。今年はAKB総選挙で9位となり人気も急上昇した指原だが、「それでも、2月に出すミュージックビデオでもほとんど映ってない」と秋元も首をひねっていたほどだ。

今度は秋元が、タモリに“いいとも”で指原と共演しての感想を尋ねてみた。タモリは少し考えた後に、真面目な表情で「指原は地味だけど、のびのび自由にやってるよ」と彼女なりの魅力を出していることを評価したのである。

実は、秋元康も指原のそんな魅力を買っており、彼女のデビュー前のエピソードを紹介した。

地元の大分ではハロプロファンとして有名だった指原莉乃は、ある程度の自信を持ってAKB48のオーディションを受けるために上京した。ところが周りは自分より可愛い女子ばかりで、オーディションにも落ち自信を打ち砕かれてしまうのだ。

その時の経験から、指原が自ら“ヘタレ”で“ネガティブ”だとキャラ設定する要因となったようだ。ちなみにこの頃、同じ九州の鹿児島でハロプロファンとして知られていたのが柏木由紀だった。彼女もまた「どうやったら目立つのか」を研究、努力して今年の総選挙で3位に躍り出ている。

秋元康はそんな指原莉乃が、人気は本当に凄いと語る。最近のAKBオーディションを受ける、13歳前後の女子は「目標は指原さん」と答える子が多いというのだ。「指原は可愛いですよね」と、彼も総合的に指原莉乃を評価していたのである。

いまだに指原莉乃はAKBが出演した時に、ステージ上でどこにいるか見つけるのに苦労するほど目立たない。しかしメンズファッション誌『smart』の2月号で別冊付録となる『AKB48 神フォトブック!』では、主要メンバーではなく指原が表紙を飾っている。また来年1月には初のフォトブック「さしこ」が発売されるなど、彼女の人気は高まる一方だ。

やはり、デビュー時のトラウマで他のメンバーとパフォーマンスすると一歩引いてしまうのだろうか。ソロの方が彼女の魅力が発揮されるようだ。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/25(日) 21:09 ]

優子CM起用社数ランキング1位
yuukoCM.jpg

2011年12月23日17時00分
提供:ゲンダイネット

<大島優子(AKB48)>
「2011女性タレントCM起用社数ランキング」で1位になった。起用した企業は、大塚製薬や日本ヒューレット・パッカードなど19社。2年連続1位だった上戸彩や、AKB48でトップの人気を誇るといわれる前田敦子を上回った。

 AKB48の総選挙(ファンによる人気投票)では1位が1回、2位が2回。1位2回、2位1回の前田に次ぐ人気を誇る。今年の総選挙では前田の後塵を拝し2位に甘んじたが、CM女王の座はゲットしたのだから良い年越しができそうだ。

「大島さんの魅力は、親しみやすさです。“コリス”の愛称で呼ばれることもあるように、前歯が大きく愛嬌のある可愛らしい顔で、人形のような完成された美人ではない。また、B82・W55・H81とナイスバディーでありながら身長は152センチで、モデルのような近寄りがたさもない。いつも明るく笑顔で、ものすごくがんばり屋なので応援したくなる。そんなところが企業イメージを上げる、と評価されたのだと思います」(芸能ライター)

 後輩をよく可愛がり、慕われているのも大島の魅力。ライバルといわれる前田とも、一緒に鍋をつつくなど仲良くしている。

 しかし、最初からAKB48の仲間と仲良くしていたわけでも、AKB48の中で存在感があったわけでもない。明るい笑顔の裏に、屈折した部分を秘めているのだ。

<19社のCMに起用され…>

 1988年10月17日、栃木県で生まれ、神奈川県横浜市で育った。小学校1年から子役として活動していたが、小学校6年のとき父親が親戚の寿司屋を継ぐため一家で栃木へ。ところが、間もなく両親が離婚。

 地元の中学、高校に通いながら芸能活動を継続したが、あまりパッとせず、引退するしかないと思っていた。そんな時、当時のマネジャーに勧められたAKB48の第2期オーディションに合格。06年、メンバーとしてデビューした。

「審査員たちには大島さんのことがまったく記憶に残らないほど、彼女の最初の印象は薄かった。だから、彼女がここまで大化けするとは、誰も思っていなかったでしょうね。AKB48メンバーの仲間うちでも、大島さんは子供の頃から厳しい芸能界でもまれていたので、メンバーをライバル視する意識が強すぎ、最初はなかなか本音を言わず打ち解けなかった」(芸能ライター=前出)

 しかし、持ち前の明るさ、子役時代から培われたプロ意識の高さ、ダンスやトークの実力、演技力などで徐々に存在感を増していった。

 目指すところは「日本を代表する女優」。役のためならヌードも辞さない覚悟があるとか。“AKB48卒業”がささやかれているが、AKB48を離れてもしぶとく生き残りそうだ。

(日刊ゲンダイ2011年12月22日掲載)

.
エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/24(土) 23:10 ]

詳しい発表は年が明けてから
hiro.jpg

2011年12月23日18時30分
提供:リアルライブ

人気グループ、EXILEのリーダー、HIROに引退の話が上がってきている。

 現在EXILEはライブツアーの真っ最中だが、このライブが終了した後、年が明けて3月頃にもう一度大規模なイベントを行う事が内定しているという。そして、なんでもこのイベントである“重大発表”が成される事になるのだとか。
 「この重大発表が何か、これはリーダーでもあるHIROさんの引退宣言に他なりません」と、現場関係者は語る。
 「HIROさんが以前から噂になっているあの人と結婚秒読みなのはもう各所で報じられている通り。彼のマンションに通って、ご飯を作っているなんて話も聞きます」
 ではなぜ、今このタイミングで引退宣言なのか。現在、EXILEのメンバーの人数はかなり増えている。また3代目J-Soul-Brothers等の若手もすぐ後ろに控えていることもあり、彼は社長業を行いつつ、後継となる若手を育てていきたいという思いが強くあるようだ。

 歌もさることながら、激しいダンスパフォーマンスもウリの一つとなっているEXILE。しかし、メンバーの高齢化が進むにつれ、次第にパフォーマンスの質も落ちてくる。そのためAKB48のように後輩を育てつつ、次第にEXILEメンバーへと上がっていく方式をとろうと考えているらしいのだ。勿論、今までのEXILEメンバーも卒業して育成や別方面での活躍へシフトさせていこうと考えているらしい。イベントを行って大々的に発表するのも、卒業者が増えることで弱体化してしまう事を恐れての事だという。

 この話は、実は以前から現場に近しい人の間では既に囁かれていた事であり、この事実を示唆するような話は何度か出ていたと言う。例えば彼らをモチーフにした漫画の『エグザムライ戦国』では、HIROが一線を退くことを暗に示している様な展開がある。

 「いずれにせよ、詳しい発表は年が明けてからになりそうです」と先の現場関係者は語る。2012年になってからは、彼らの動向から目が離せなくなりそうだ。



エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/23(金) 20:53 ]

セカンドブレイクすると長く生き残る
mita.jpg

2011年12月22日20時00分
提供:メンズサイゾー

笑わない家政婦」三田灯を演じきった松嶋菜々子の笑いが止まらない。

 21日に放送された『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の最終話の平均視聴率が40.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。これは2003年の『GOOD LUCK!!』(TBS系)最終回の37.6%を抜き、今世紀の連続ドラマでは1位という快挙だ。また、40%台に乗せたのは2000年の『ビューティフルライフ』(TBS系)最終回の41.3%以来、11年ぶり。瞬間最高視聴率も42.8%と、若者のドラマ離れが叫ばれる中で驚異的な数字を叩き出した。

 「ミタ効果」は早くも表れてきている。松嶋はすでに来期のドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)に探偵事務所の女ボス役で出演することが決定。2000年放送の『やまとなでしこ』(フジテレビ系)以来、11年ぶりに「月9」に返り咲くのだ。その『やまとなでしこ』では高飛車なCA役を演じ、一躍世の女性たちの憧れの存在になった松嶋。その後は大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』(NHK)などに主演するも、二度の出産もあって一時影は薄くなっていた。その間に同じ年齢の篠原涼子がドラマに映画にと大躍進。「女性が憧れる女性」はすっかり篠原のものになり、最近の松嶋はプロデューサーに自ら電話営業していると報じられたこともあった。そんな状況を打破する転機となった"ミタフィーバー"。老け顔メークに特異なキャラクターというチャレンジは一種のギャンブルではあったが、松嶋サイドは見事に快勝したといっていいだろう。

「人気が凋落してから復活する"セカンドブレイク"を経験すると長く生き残るというのは業界の定説。最近では、離婚を経て『おくりびと』(2008)で再評価された広末涼子の例があります。その後のギャラ交渉が有利になるし、一度逆境を経験したことで演技にも幅が出てくる。松嶋もこれで女優としてのステージが一段上がりましたね」(芸能ライター)

 再び国民的女優への道を駆け上がり始めた松嶋。これからどんな役を演じるにしても「ミタ」とのギャップがいい味を出すだろう。年を重ね、主役脇役を問わずドラマや映画で輝き続ける、松雪泰子や鈴木京香のように、演技力に色気が同居した女優という方向性も考えられる。

 しかし、なんでも「承知しました」と受け入れるミタさんも承知できないのが、夫である反町隆史の現在の状況ではないだろうか。久しぶりに主演したドラマ『グッドライフ』(フジテレビ系)の平均視聴率は9%以下と停滞した。

「子煩悩な反町は2人の子供をすごくかわいがり、近所の公園にも散歩に行くし、料理などの家事も献身的にこなしています。今流行りのイクメンと言えば聞こえはいいですが、一部では反町こそ"松嶋の家政婦"になっているという声も聞こえてきますよ」(同)

 2001年、ともに人気の絶頂で結婚した当時は久々のビッグカップル誕生と騒がれた。だが、2人が共演して結婚のきっかけとなった『GTO』(フジテレビ系)が大ヒットして以来「鬼束先生」を払拭するだけの代表作に恵まれていないことは確かだ。夫婦間にはスキャンダルこそないものの、同業として同じステータスだったはずが今は完全に松嶋が上になってしまった。反町と同時期にブレイクした竹野内豊は、渋い魅力と恋愛ものから歴史上の人物まで幅広く演じる力で健在だが、反町のハマリ役であった熱血漢は市原隼人などの若手に取って代わられている。とはいえ、反町にも一時代を築いた男として意地もプライドもあるはず。妻の大ヒットを受けて2012年の奮起は誰もが期待するところだ。

 最終回にはやっと微笑みを見せたミタさん。続編や映画化はないといわれているだけに、次はダンナのヒットを笑顔で見守る姿が最高のハッピーエンドになるはずだが......。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/22(木) 21:00 ]

ガッキーアドリブCMを1回だけ放送
アドリブガッキー

2011年12月22日07時00分
提供:オリコン

女優・新垣結衣が絵コンテなし、オールアドリブで出演したDeNAのポータルサイト『Mobage(モバゲー)」の新CM「まってる。モバゲーと。」篇が、現在放送中の全3パターンをつないだ特別篇として放送されることが決定した。オンエアはTBS系ドラマ『怪盗ロワイヤル』の最終話が放送される23日深夜0時45分以降のCM枠内の1度限り。クリスマス気分を盛り上げる印象的なストーリーを、エクストラカットを追加した全90秒の映像で展開する.
現在放送中の通常バージョンは1パターン15秒で3部構成。寒さに凍えながらもイルミネーションに彩られたクリスマスの街で、大好きな“キミ”を待つ新垣が主人公となり、イブの日に待ち合わせをする乙女の気持ちを体現している。新垣は事前にシチュエーションやキャラクターの背景などをスタッフと詳細に打ち合わせを行い、“絵コンテなし、全てアドリブ”の撮影に臨んだ。特別篇では現在オンエアされていないカットも初お披露目となる。


エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/22(木) 18:39 ]

恋人にしたい有名人で向井理が初の首位獲得
mukai.jpg

2011年12月22日10時00分
提供:オリコン

クリスマスや初詣など、冬はカップルを盛り上げるイベントが盛りだくさん。そこで、ORICON STYLEは、今回で5度目となる『異性に聞く恋人にしたい有名人』ランキングを発表した。「男性部門」では、演じてきた役柄のイメージやバラエティなどで覗かせる“男らしさ”が女性陣のハートを射止め、俳優【向井理】が初の首位を獲得。「女性部門」は、自然体のキャラクターや柔和な雰囲気が好評だった女優【綾瀬はるか】が前回に続き首位をキープし、2連覇を達成している。
前回の5位から急浮上した【向井理】は、甘いマスクと182cmの長身を兼ね備えたルックスの良さに「顔もスタイルも声も良い! 一緒に歩いたら鼻高々」(兵庫県/20代/女性)との意見が多数。さらに、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』や映画『パラダイス・キス』で演じた“頼もしい男”のイメージなどから「守ってくれそうなので」(大阪府/30代/女性)と支持されたほか、趣味としている料理の腕前も乙女心を掴むポイントとなり「ぜひ美味しいご飯を作ってほしい」(岩手県/20代/女性)といったコメントも寄せられている。

 【綾瀬はるか】は、「カワイイ! にこやかな表情が最高に良いです」(東京都/20代/男性)とのコメントが目立つように、端正な顔立ちと明るい笑顔が人気で10代~40代の全ての層でTOP3入り。2013年のNHK大河『八重の桜』の主演も決定するなど、女優としてのスキルが評価される一方、バラエティ番組等で見せる“天然キャラ”も好印象を与えており「芯のある女性であるうえに、おもしろい一面もあって一緒にいると和みそう」(埼玉県/30代/男性)と、彼女に癒しを求める声も少なくなかった。

 「男性部門」2位は、歌手で俳優の【福山雅治】。大人の色気が漂う容姿はもちろん、飾らない人柄の良さに惹かれる女性が多く見られた。3位は嵐の【櫻井翔】で、アイドルとしての要素に加え、報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)などで見せる知的な姿が評価を高めたようだ。そのほか、嵐の【大野智】(5位)、若手俳優の注目株である【岡田将生】(8位)と【松坂桃李】(9位)の3人が、それぞれ前回から大きく順位を上げ、初のTOP10入りを果たした。

 一方、「女性部門」2位は女優【新垣結衣】で、透明感のある美しさは10代、20代層でNo.1の人気を誇る。3位は、前回8位から急上昇した女優【北川景子】。その美貌とスタイルの良さは言うまでもなく、「裏表のなさそうな性格が好き」(石川県/30代/男性)と媚びない人柄に魅せられる男性票が多かった。また、9位に初登場したのはAKB48の【柏木由紀】で、国民的アイドルとなった今も“全力投球”し続ける姿勢が「カワイイ! 頑張っている姿に元気をもらえそう」(新潟県/30代/男性)と好評だった。

 これまで同様、芸能界屈指のイケメン・美女たちが名を連ねる結果となった今回のランキング。それぞれに寄せられるコメントは、そのルックスとともに個性や性格を評価するものも多く、男女とも恋人に求める条件として“内面の魅力”が大きな割合を占めていることが、改めてうかがえた。

【調査概要】
調査時期:2011年10月25日(火)~10月28日(金)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代~40代の男女、各500名から回答を得たもの)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/22(木) 12:07 ]

田中れいな、道重さゆみがW主演するドラマ
れいさゆ

オリコン 12月22日(木)6時0分配信

アイドルグループ・モーニング娘。の田中れいな(22)と道重さゆみ(22)がダブル主演する1月期の新ドラマ『数学=女子学園』(1月11日スタート、毎週水曜 深0:59~ 初回は深1:14~ 日本テレビ)のメイキング映像が、『YouTube』の日テレ公式チャンネルで先行公開される。2人がクリスマス、お正月にまつわるスペシャルトークを繰り広げる貴重な映像となっている。
同ドラマは、数学オリンピック財団の協力のもと、架空の「数学専門学校」に通う“数学女子”が、毎回難問の数学バトルを繰り広げる異色の学園ドラマ。学内唯一の男子生徒役で桜田通が出演するほか、田中と道重が所属する大型アイドルグループ「モベキマス」のメンバーもライバル役でゲスト出演する。

 22日(前6:00配信スタート予定)から26日までクリスマスバージョン、31日(後7:00配信スタート予定)から1月12日までお正月バージョンを配信。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/22(木) 09:34 ]

テレビから消えても営業で成功する芸人
tetutomo.jpg

2011年12月22日08時10分
提供:日刊サイゾー

先日ある記事で、ダンディ坂野の現在の収入について触れていて、現在はピーク時の半分ほどだという内容があった。

 一見半減して大変そうにも思えるが、よく考えると、ピーク時の収入といったらおそらく相当な額ではないか。そうなるとその半分といっても、下世話ではあるがそれなりに十分な金額のような気がしてしまう。

 いわゆる"一発屋"の芸人で、ブームが去った後に、仕事と収入が激減してしまう人は少なくない。しかしその一方で、テレビでの露出は減ったものの、営業でひっぱりだこになり、ブームの時に匹敵する(あるいはそれ以上の)忙しさの人もいたりする。

 営業に向く芸人、向かない芸人、その違いはどこにあるのだろうか。人気バラエティーや情報番組などを手がける放送作家は、営業向きの芸人について、こう語る。

「まず大前提としていえるのが、芸が分かりやすいこと。分かりやすいギャグがあるかどうかですね。テツandトモさんの『なんでだろう』とか、ダンディさんの『ゲッツ!』とか、誰でも知ってるこれというネタや、そのギャグだけでひと盛り上がりがあると確証される人は、営業でウケると思います」

 これは、営業が行われる場に特徴がある。

「見ているお客さんが、みんなお笑い好きな人であるとは限らないというところですよね。人気者の芸を見て、『いや~、アレ見られた、よかったなぁ』ぐらいの軽いノリでいいんです。だから、普通の漫才をやって、いくら面白くても、営業には向かない場合は結構ありますね。変な言い方ですが、『ゲッツ!』をやってくれれば、それだけで十分、それだけで価値があるということはいえますね」

 一方で、ブームが沈静化した後にもテレビの世界に残り続ける芸人もいるわけだが、今のテレビ番組に求められているのはどういった類の芸人なのだろうか。前出の作家は言う。

「テレビ番組は、そのときどきのトレンドを拾った番組づくりをするのが基本です。それで、今は依然としてトークが中心になることが多いので、自然とトークがうまい人が使われることになっていきます。もしくは、いじられたときの切り返しがうまい人ですね」

 さらに、本来のお笑いに何かプラスアルファがある芸人はテレビで使われることが多い。

「クイズ番組なんかだと高学歴を持っていることでしょうし、何かの資格の1級を持っていることとか。そのときのテレビの流れに乗った特徴的なものを持っていれば、それに合わせて声がかかるということはよくあります」(同)

 また、テレビを離れて、営業のプロとしてやっていくという道もひとつの正解なのかもしれない。

「綾小路きみまろさんみたいなタイプもいますからね。あそこまでいけたら本当にすごいです。ただ、特に地方はその傾向が強いですが、『テレビに出てるあの人が来た』というのが結局は大きいんです。ある程度はテレビに出て広報活動のようなことをしておかないと、時間がたつにつれて営業の場での価値もだんだんなくなっていきます」(同)

 売れていた時代を知らない人が増えてくると、営業で当時の鉄板ギャグをやっても、「何それ?」状態になってしまうわけだ。

 「あの人は今」や「一発屋芸人特集」などでも、定期的なテレビでの露出をしていくこと。これが営業を成功し続けさせるためにも大切なことのようだ。



エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/22(木) 08:59 ]

あっちゃん、本番の紅白はこれからだ
attucyankouhaku.jpg

2011年12月21日18時54分
提供:J-CASTニュース

AKB48の「絶対的エース」、前田敦子さんの披露した歌が「あまりにひどい」と
ネット上で大きな話題になっている。

2011年12月20日、東京ドームシティホールで、ライブイベント「AKB48 紅白対抗歌合戦」が行われ、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48のメンバー総勢155人が参加した。

素人がカラオケで初めて歌いました、という感じ
メンバーが紅白に分かれ、紅白そっくりのステージで歌声を競うという趣旨で、タレントの堺正章さんが司会を務めるなど、かなり豪華なイベントだったのだが、紅組の大将として大トリを飾った前田さんの歌が思わぬ形で注目を集めることとなった。

歌ったのはSKE、松井玲奈さんのソロ曲「枯葉のステーション」、昭和の歌謡曲のような雰囲気のバラードだ。

イントロが流れると傘を差したシックな出で立ちの前田さんがステージに登場。「枯葉が風にひらひら」と歌い出したのだが、しばらくして声が小さくなり、発音が不明瞭になる。

その後、ゴンドラに乗って会場を回りながら歌った際も、バックのオケに歌が遅れ、リズムはガタガタだ。基本的に常に探り探りで不安定だった。まるで素人がカラオケで初めて歌いました、という感じだ。

イベントの様子はYouTubeで生放送されていたため、2ちゃんねるではその日の内から話題になり、「これはひどいww」「ドヘタクソだな」といったコメントが殺到した。

「下手なのは構わないがやる気が伝わってこない」
前田さんが上手く歌えなかったのはそもそも歌詞をしっかり覚えていなかったからという見方も強く、前田さんの応援スレッドでも「確かに昨日の敦子はひどすぎだよ 下手なのは別に構わないが歌詞はうろ覚えでやる気は伝わってこない…久々に頭にきた」と書き込まれていた。ファンにも愛想を尽かされてしまったようだ。

一方、自分と周囲の音を確認するモニター用のイヤホンを使ってなかったのが原因、と擁護する意見も少数ながらあり、「ゴンドラ・イヤモニ無し・生歌・歓声 これが全てだろ 元々対して上手くは無いがこれは酷すぎる」という書き込みも寄せられていた。「忙しい中自分の持ち歌でもない曲を生歌でやったんだからそこは評価してやれ。口パクに逃げることも出来たのに」というものもあった。

前田さんの紅組は結局負けてしまったが、本番のNHK紅白歌合戦はこれからだ。一夜空けた21日、前田さんはブログに「いい緊張感を味わえました 応援してくれた皆さんありがとうございました!! 本当の紅白ももう少しだ~~~!!!今年はまだまだ終わりませんよー!!」と投稿している

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/21(水) 20:05 ]

さしこがともちんのメイクでアヒル口に
sasikoahiru.jpg

2011年12月21日13時00分
提供:Techinsight Japan

アイドルグループAKB48関連グループによる『AKB48紅白対抗歌合戦』が12月20日に開催された。1番手を務めたのは人気急上昇の指原莉乃で、板野友美のソロデビュー曲「Dear J」を披露した。その板野が、ブログで指原のメイクを彼女がほどこして「アヒル口」にしたことを明かし、写真も公開している。

本家のNHK紅白歌合戦より一足早く行われた『AKB48紅白対抗歌合戦』では、AKB48に加えてSKE48、NMB48、など関連グループにジャカルタからJKT48も参戦して盛大なものとなった。

そんな中で1曲目を歌った指原莉乃は、その緊張した様子をブログ『指原クオリティー』で振り返っている。

「ほんとにほんとに緊張して…やばかったんですが、ともちんさんが本番直前までアドバイスしてくれて」と、指原が歌った「Dear J」の持ち主、板野友美のおかげで緊張の中でも無事にこなせたようだ。指原は「ほんと、ともちんさん好き。やさしい」と感謝を表す。

この日、指原のメイクを手伝ってくれたのは、その板野友美と篠田麻里子といったモデルでもある2人だった。指原も「豪華…」と感激していた。

その板野友美は、ブログ『TOMO』で自分のことよりも指原莉乃の様子を多く紹介しており彼女の人柄が伝わってくる。板野は「さしこの唇をあひる口にメイクしました」と指原とのツーショットを掲載しており“アヒル口”が並んだ図が可愛い。

読者からも「メイクさんが豪華過ぎる!」と、指原のメイクを板野と篠田が担当したことを羨む声が届いている。しかし「アヒル口はやっぱりともちんが一番可愛いかな」との感想もあり、“アヒル口”ではやはり板野に軍配が上がったようだ。

AKB紅白に関しては他にも多くのメンバーがブログで報告しているが、誰もが他メンバーの歌を歌うことで相当に緊張したことを記している。しかし、それと共に楽しい様子も綴られており、彼女たちにとって充実したイベントだったのではないだろうか。

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/21(水) 19:57 ]

AKB版紅白、大島優子率いる白組勝利
ゆうここうはく

まんたんウェブ 12月20日(火)21時30分配信

人気アイドルグループ「AKB48」と姉妹グループが参加する「AKB48紅白対抗歌合戦」が20日、東京都文京区の東京ドームシティーホール(旧JCBホール)で行われ、大島優子さん率いる白組が高橋みなみさん率いる紅組に勝利した。
「AKB48紅白対抗歌合戦」は、大みそかのNHK紅白歌合戦を前に、AKB48と姉妹グループなど総勢139人が紅組、白組に分かれて歌合戦を繰り広げるイベントで、今回が初開催。司会はタレントの堺正章さんとフリーアナウンサーの千野志麻さん、審査員には女優の三田佳子さん、タレントの神田うのさん、評論家の森永卓郎さん、叶姉妹、野球評論家の野村克也さんと豪華メンバーが顔をそろえた。

 高橋さんがキャプテンを務める紅組は、前田敦子さん、篠田麻里子さん、小嶋陽菜さんらとNMB48が、対する白組は大島さんがキャプテンで、板野友美さん、柏木由紀さん、渡辺麻友さん、指原莉乃さんらに、13期研究生、SKE48、HKT48が参加。メンバーは紅と白の衣装で現れ、「めちゃめちゃもえてるんですけどもりあがってますかー? 紅白と言えば男性が白で、女性が赤ですが……」との高橋さんの言葉で開幕した。

 対抗戦では、“ともちんメーク”の指原さんが板野さんの「Dear J」、秋元さんが前田さんの「Flower」を披露。トリを務めた大島さんは「愛しさのアクセル」、前田さんは「SKE48」の「枯葉のステーション」を熱唱し会場を盛り上げた。そのほか、メンバーによってヒット曲「フライングゲット」「ヘビーローテーション」「風は吹いている」「上からマリコ」なども披露された。スペシャルゲストに「あやまんJAPAN」、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」も登場した。

 イベントの模様は、全国、海外の映画館でも上映され、イベントの来場客と映画館の観覧者による投票に加え、Google(グーグル)の情報共有ツール「Google+(グーグルプラス)」での投票などで勝敗を決めた。グーグルプラスでは生中継され、「YouTube」内の「AKB48 Official Channel!」でも同時配信された。(毎日新聞デジタル)

 「AKB48紅白対抗歌合戦」参加メンバーは以下の通り(敬称略、事前発表による)

 【紅組】キャプテン 高橋みなみ

 岩佐美咲▽大家志津香▽倉持明日香▽小嶋陽菜▽篠田麻里子▽高城亜樹▽仲川遥香▽中田ちさと▽仲谷明香▽前田敦子▽前田亜美▽松原夏海▽秋元才加▽内田眞由美▽梅田彩佳▽田名部生来▽中塚智実▽仁藤萌乃▽藤江れいな▽宮澤佐江▽米沢瑠美▽石田晴香▽河西智美▽北原里英▽小林香菜▽小森美果▽佐藤すみれ▽佐藤夏希▽鈴木まりや▽近野莉菜▽平嶋夏海▽増田有華▽阿部マリア▽伊豆田莉奈▽入山杏奈▽加藤玲奈▽永尾まりや▽藤田奈那▽小嶋菜月▽名取稚菜▽森川彩香▽大森美優▽佐々木優佳里▽NMB48(16人)

 【白組】キャプテン 大島優子

 多田愛佳▽片山陽加▽指原莉乃▽板野友美▽菊地あやか▽野中美郷▽松井咲子▽峯岸みなみ▽横山由依▽柏木由紀▽佐藤亜美菜▽鈴木紫帆里▽宮崎美穂▽渡辺麻友▽市川美織▽小林茉里奈▽島崎遥香▽島田晴香▽竹内美宥▽仲俣汐里▽中村麻里子▽山内鈴蘭▽川栄李奈▽岩田華怜▽サイード横田絵玲奈▽鈴木里香▽高橋朱里▽田野優花▽平田梨奈▽武藤十夢▽13期研究生(15人)▽SKE48(16人)▽HKT48(16人)

エンタメ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/20(火) 21:55 ]

次のページ
copyright © 2019 また描いちゃいました6号館 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania